妻の浮気

浮気相手を地獄に落とすたった1つの方法!探偵を使い慰謝料請求!

「私の好きな彼を奪うなんて許せない!怒 浮気した彼も悪いけど、なんか無性に浮気相手の方が腹立つ!」

「マジで地獄に落としたい!怒」なんて思っていませんか!?

あなたの気持ち、めちゃくちゃ分かります!(笑)

私自身も浮気した事もあれば、された経験もあるので、あなたが抱いている気持ち、本当に理解できます!(笑)

彼に対してもイライラするけど、どっちかと言うと浮気相手の方も、想像するだけで腹が立ちますよね!

この記事では、そんなあなたに浮気相手を地獄に落とす方法についてお伝えしていきます!

で、この記事、結構リアルに書いていくので、何か役に立てばな、、、と思います!(笑)真剣にマジで書いていきます(笑)

たった1つの方法なので、あなたがこれはできそうだな!と思ったら試してみてください!

それでは早速見ていきましょう!

結論:探偵を使って証拠を掴む!そして慰謝料請求へ!

んーー!、、、もう確実に浮気相手を地獄に落とす方法は、探偵を使う方法しかありませんでしたッ!

「ん?探偵ってどういう事?」

これはザックり説明しますと、探偵を使い浮気の証拠を掴み、相手に慰謝料を請求するという方法です!

この方法が唯一、本気で浮気相手を地獄に落としたいと思っているあなたへの方法となります!

ここから先は具体的に説明していきますね!

探偵を使ってあの女を地獄へ!

あなたは探偵という職業があるのをご存じですか?

これは浮気調査をしたりするお仕事なのですが、具体的に言いますと、例えばあなたが最近旦那の浮気を疑っていたとしますね。

そして、毎週土曜日に旦那が一人で出かけるからこの日は絶対違う女に会っている、そう確信したとします。

そしたら今度はあなたは探偵業者に電話をしこう伝えます。

あなた 「すみません、旦那が毎週土曜日に浮気してるみたいなんです」

探偵  「そうなんですか、それでは土曜日に尾行して浮気の証拠を掴みましょう!」

簡単に言うと、このような流れになります。

ここまで聞くと、どうしてわざわざ探偵に頼むのか、理解できませんよね!

旦那の浮気の証拠をあなたが持っている場合だってあるでしょう。

しかし、もしあなたがその浮気相手から慰謝料を請求して、地獄に落としたい!と考えているなら、小さな証拠では、慰謝料を請求することはできないのです。

ここでいう小さな浮気の証拠とは、

・LINEでのやり取り
・浮気相手との二人きりで映っている写真

などを言います。二人きりで映っている写真はダメなの?と思うかも知れませんが、もしこれを旦那が「ただの友人だよ!(笑)」といえば、それを覆す根拠はないですよね。

もちろん、あなたの立場からすると、「いやいや、どう考えたって肩組んでるし、ぽっぺにキスしているし、これは浮気の写真でしょ!?」と思うかもしれませんが、それでも、もし旦那が「いや仲いいし、酒飲んでふざけただけだよ」なんて言われれば、それも覆す根拠がないので、不利になってしまいます。

では、探偵を使ってどういった証拠を掴むことができたら、慰謝料を請求する事ができるのか?

それは、ラブホテルに旦那と浮気相手が二人で出入りしているかつ、顔がはっきり映っている写真(証拠)が必要になるのです。

これを撮ることに成功すれば、浮気相手から慰謝料を請求する事ができるのです。

自分で尾行して写真を撮ってやる!と言う場合は、探偵は必要ありませんが、難易度はものすごく高くなったりもします。

なぜ慰謝料を請求すると地獄に落ちるのか?

さっきから慰謝料や探偵という言葉ばかり言ってしまって申し訳ないです!(笑)

そもそもなぜ、慰謝料を請求する事ができたら、相手を地獄に落とす事ができるのか?

それは、単純に相手の生活が苦しくなるからです!「え?苦しくなるって、結構な金額もらえるの?」そこは気になると所でもありますよね!

では、慰謝料の相場を見てみましょう。

慰謝料の相場

旦那と離婚しない場合は数十万~100万

浮気が原因で離婚の場合は100万~300万

が大体の相場となります!

金額としては結構高いですよね。このざっくりとした数字は、浮気発覚前の二人の仲だったり、婚姻期間、自分の落ち度が関係してくるので、ざっくりとした数字になっています。

そもそも慰謝料というのは、あなたが浮気されたことによって受けた精神的苦痛の対価として支払われるものなので、「相手も地獄に落として、私も苦しいから消え去りたいわ!(笑)」くらい思っているのでしたら、その対価となる金額は大きくなってくるでしょう。

詳しく知りたい場合はこのアディーレ法律事務所のリンクを貼っておきます(←クリック)

まとめ

相手を心の底から地獄に落としたいという場合は、浮気探偵にお願いする!これが本気で私が出した答えになります!

まずは無料で探偵に相談する

是非、参考にしてみてください!